食事の欧米化が引き起こす現代型栄養失調の危険症状とは?

スポンサーリンク

食事の欧米化が生活習慣の原因?

 SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-5-44_No-00

2013年、日本人男性の平均寿命が初めて80歳を超えました。

また、女性の平均寿命は86.61歳(厚生労働省調べ)と、依然として高い水準を誇っています。

そんな長寿大国の日本ですが、長寿の一方で問題になってきているのが「健康寿命」です。

今や日本は世界的な生活習慣病大国であり、特に若者や小さい子供の現代型栄養失調が増加していることをご存じでしょうか。

好きなものがいつでも食べられる現代は、美食や偏食に傾き、添加物が含まれたコンビニ食や外食に頼ってしまいがちです。

SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-7-43_No-00

ハンバーガーやスナック、ジャンクフードはお子さんも好んで食べる方も多いかもしれませんが、栄養学的には要注意の食べ物。

外食などの「利益を生まなければいけない」食産業で流通する食材は、どうしても栄養を摂るという目的からは遠くなっています。

カロリーは摂取できるかもしれませんが、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、生きるために必要な成分は不足してしまいがち。

現代型栄養失調とは何か?

 SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-12-35_No-00

必要な栄養素が不足すると、身体だけでなく脳の栄養失調となり、頭がいきいきと働くなってしまう恐れがあります。

私たちはこのような飽食の文化の中で生活しているのですから、肥満になりやすいのは必然。同時に、深刻なのは内臓に脂肪が蓄積しているいわゆる「隠れ肥満」です。

見た目がスリムなだけに本人が肥満を自覚できないのですが、最近では体脂肪計も安く手に入るので、痩せているからといって安心している人も、自身の体脂肪を把握しておくべきでしょう。

カロリー摂取だけではNO!現代型栄養失調を防ぐ為には必須栄養素を

 SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-16-13_No-00

人間に必要な必須栄養素は46種。
これは体内では合成できないもので、つまりは常に食事で補い続けなければいけません。

各栄養素は協調していて、この中のどれか一つでも足りなければ、他の栄養素も効率的に働かなくなってしまいます。

よって、単独で栄養素を摂っても意味がありません。ですので単独の栄養素のサプリメントを摂取したとしても気休め以上のものは期待できないでしょう。

 SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-6-55_No-00

私達が正しい知識を持って毎日の生活を送れば、現代型栄養失調を防ぐことは難しいことではありません。

最近は自分の生活リズムが管理できるスマホアプリなどもでてきていますので、自分に合った方法で健康的な生活を送ってみてください。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ