チョコレート成分には記憶力アップさせる効果あった?

スポンサーリンク

チョコレートが急に食べたくなるのは脳内的疲労が原因?

 SnapCrab_NoName_2015-3-2_23-58-38_No-00

チョコレートは甘くておいしい昔からなじまれているおやつですよね。

さすがに戦時前はなかったですが、戦後から食べられる方が多くなったと思います。

このチョコレートの中にはいろいろな効果があるんです。

よく疲れると甘いものが食べたくなるといいますよね。

これは肉体的疲労というよりも脳内的疲労の時の方が多くないですか?

脳が疲れてくると人間は甘い物が欲しくなります。

SnapCrab_NoName_2015-7-11_0-40-52_No-00

ですがこの甘いものが欲しいというものもタバコが止めれないというものと同じで依存的なところがあるのです。

なので、必ずしも疲れたから甘いものが食べたいというわけではないと言えます。

その人その人の好きなものが食べたくなるのが普通ではないでしょうか?

それでも甘いものが食べたいというのはよく言います。

その時に最大の武器となってくれるのかチョコレートです。

チョコレートには記憶力向上効果がある!

 SnapCrab_NoName_2015-3-3_0-0-3_No-00

チョコレートには痴呆症などや記憶力低下に効果があると発見されました。

記憶力向上に効果があるのです。これは嬉しい限りですね。

もし勉強している場合や集中しないできないことをしている場合、チョコレートを食べることをおすすめします。

SnapCrab_NoName_2015-7-11_0-40-26_No-00

疲れたから食べるのではなく、作業するからという理由で作業する前に食べてください。

そうすると集中力も上がり、記憶力も上がるのでとても効率よく作業が進められます。

チョコレートに入っているココアフラバノールというものが効果があるのです。

記憶力テストなどをしても成績が上がることが実証されています。

なので、何か始めるときにチョコレートを食べてからとかチョコレートを食べながらとか行おうといいといえます。

フラバノールという成分がとても効果を高めるのでこの成分の入ったものを多く摂ると良いと思います。

チョコレートの魅力と言えば低カロリーなこと!

 SnapCrab_NoName_2015-3-2_23-57-2_No-00

チョコレートは砂糖が沢山使ってあるから太ると思うかもしれませんが、チョコレートは意外にカロリーが少ないです。

さらにカロリーが少ないもの求めるのであればチョコレートのアイスクリームが良いでしょう。

SnapCrab_NoName_2015-7-11_0-41-20_No-00

アイスクリームは意外にカロリーがありません。

想像以下です。皆様太るからチョコレートは食べない、ニキビができるからチョコレートは食べない。

という方がいらっしゃるようですが、そのようなことはないので積極的に食べてください。

そうして効率よく作業をしましょう。集中力が湧くといろいろと進んでいきます。

楽しくおやつを楽しみながら進めていきましょう。これからはその時代です。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ