自分も家族も安眠妨害!いびきの原因はストレスかも?

スポンサーリンク

いびきが起こる原因は現代人から切り離すことのできないストレス

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-55-44_No-00

人間は肉体的疲労やストレスが溜まっていくと酸素を多く取り込もうとするため普段は鼻で呼吸している人も口呼吸へ変わっていきます。

この口呼吸が原因でいびきを招きやすくなっているのです。

また疲労が蓄積されていくと上気道の筋肉が緩み酷くなっていくので舌がのどに落ち込み上気道が狭くなりいびきが発生しやすくなります。

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-56-50_No-00

疲労がたまれば誰にでも起こり得るいびきですが継続的に続く場合は疲労だけではなく別の原因も考えられます。

飲酒もいびきをまねきやすいですので飲酒と疲労以外の慢性的ないびきは注意が必要です。

知らなかった?いびきでわかる病気がある!

SnapCrab_NoName_2015-12-14_0-8-3_No-00

疲労と飲食以外で慢性的ないびきが続くときは何かしらの病気のサインである可能性があります。

例えば肥満によるいびきです。

太ると体の中に余分な脂肪がつき、のどの上気道が狭くなり、舌も厚くなるので睡眠時に呼吸が妨げられいびきへと繋がります。

脳や心臓病、肝臓病、高血圧などからもいびきは発生します。

鼻やのどの病気をお持ちの方はいびきの可能性が高く、鼻アレルギーや花粉症の人の多くはいびきで悩まされています。

いびきは最悪の場合、睡眠時無呼吸症候群にも繋がりますので、防止や対策を練ることが非常に大切となります。

ストレスを発散し、快適な眠りを誘発させなければいびきが発生することはありません。

そして仰向けは一番体に負担の少ない寝相ですが、いびきを一番誘発する寝相でもあります。

抱き枕などを使用し横向きで睡眠をとることでいびきを抑えることもできます。

それでも、いびきが酷い場合は自分だけで何とかすることは難しいので耳鼻咽喉科を受診して原因や症状をはっきりと特定してもらいましょう。

その原因にあった対策をすることをお勧めします。

いびきから解放されるためにできることは健康法とは?

SnapCrab_NoName_2015-12-14_0-13-55_No-00

たくさんの健康法が紹介されていますが、その健康法はすべていびきにもつながっています。

ストレスの発散はもちろんですが、毎日毎日ストレスを抱え生きているのが人間ですのでストレスから100%解放されることは難しいでしょう。

しかし、横向きに寝てみたり規則正しい生活を送る。

SnapCrab_NoName_2015-12-14_0-6-38_No-00

など当たり前の事なら今日からでも実践することはできます。

肥満の人はダイエットを意識したり寝る直前のお酒は控えたりとご家庭で出来ることがほとんどです。

少しずつ生活リズムの改善だけで、みんなでより良い睡眠を得られるならできることから始めてみましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ