納豆に含まれるレシチンには肌の若さを保つ効果があった?

スポンサーリンク

納豆の美容や美肌への効果とは?

SnapCrab_NoName_2014-12-4_23-47-53_No-00

皆さん、大豆イソフラボンという成分を知っていますか?名前からもわかるように「大豆」に含まれる成分なのですが、この大豆イソフラボンは身体の隅々まで元気にする力を持った成分なんです。

大豆イソフラボンは、特に美容にいい成分として知られており、女性ホルモンをコントロールする作用があります。何故、女性ホルモンをコントロールしてくれるのでしょうか?

プルプル美肌と納豆の関係とは?

生理の後に、体重が減少した、お肌がツルツルになった、むくみが取れた・・・などの経験をしたことがありませんか?特に、お肌は吹き出物がなくなったり、肌がツルツルと明るくなったり、ファンデーションののりが良くなったり・・・。

このような作用を起こしてくれるホルモンが「エストロゲン」なのです。大豆イソフラボンは、この「エストロゲン」とにた作用を持つと言われています。

実は普段の食事の中で、女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持つ食品が確認されています。大豆イソフラボンの分子構造は「エストロゲン」の分子構造と似ているため、働きも似ているのです。

毎日納豆を食べればお肌がツヤツヤに?

SnapCrab_NoName_2014-12-4_23-56-48_No-00

普段の食事から、積極的に大豆を使った食事を心がけると、毎日の生活の中でイソフラボンを摂取して、肌の調子を整えることができます。食事の中で手軽に食べられるものとして、きなこ、納豆、豆腐、豆乳などです。

食品は薬ではありませんので、急に調子がよくなる、バランスが整うと言うことはありませんので継続して食べていこことが大事です。単品で大豆製品を取るだけでなく、何かと組み合わせることでおいしく食べていただけます。

発酵させた納豆がきめて!

SnapCrab_NoName_2014-12-5_0-4-14_No-00

では、数ある大豆食品の中でもっともお肌にいいのが「納豆」です。納豆は他の食品と違って、発酵の力も加わりますので更にいいことづくしです。

大豆の栄養面と、発酵の栄養面から納豆のパワーを見てみましょう。

老化防止!美肌になれる栄養素もある!

SnapCrab_NoName_2015-7-15_13-47-4_No-00

納豆には「レシチン」という成分が含まれています。レシチンは細胞に働きかける、老化を防止する栄養素です。

細胞が老化すると身体が老化してしまいます。そんな細胞の若さを保つ成分が「レシチン」です。レシチンは、必要な栄養を細胞に与えたり、細胞の中の老廃物を排出する物質なので、レシチンが不足することで細胞の若さを保つことができなくなるのです。

さらにレシチンの働きを助けるためには、酸化を防ぐ成分である、ビタミンEが欠かせません。レシチンは体の中で酸化しやすいので、ビタミンEがレシチンの酸化を防ぐことで、細胞の新陳代謝を促すことで、肌の健康を保つことができます。

納豆に含まれる乳酸菌でお腹の調子を整えよう!

 SnapCrab_NoName_2014-12-4_23-59-36_No-00

さらに、発酵食品の納豆には、乳酸菌が含まれ、発酵食品は菌がお腹に生きて届くため、お腹の調子を整えるにはとても効果的な食品です。

お肌の調子が悪くなるとスキンケアに時間をかけるようになりますが、お肌だけに働きかけてもなかなか調子は上がりません。お肌の調子が悪い時には、内蔵の調子もイマイチ・・・と考えたほうがよいでしょう。

SnapCrab_NoName_2015-7-15_14-14-54_No-00

腸内環境を良くして、宿便や、便通の調子がよくなる事で、腸の中が正常に動くようになります。腸内がキレイになることで、必要な栄養素をきちんと吸収することができるようになり、新陳代謝が活発になったり、血流がよくなる事でお肌の調子も上がってくるのです。

納豆には沢山の美肌への栄養、そして、日本古来の発酵の力があることをお分かりいただけたと思います。納豆であれば朝食で食べたり、夕食で食べることもできます。

最近では、発酵食品や、日本食が見直されているので、定食屋さんや、ファミレスでも納豆を出しているところが見られます。

おいしく手軽に食べて、心身ともに美しく、美肌を保ちたいものですね。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ