痩せにくい太腿に効果のある内転筋ストレッチとは?

スポンサーリンク

お肉がつきやすいのは内転筋の衰えが原因

SnapCrab_NoName_2015-7-17_1-46-20_No-00

あまり聞いたことがないと思いますが、内転筋というものがあります。

一言で内ももと呼んでいる部分です。ここが衰退していくとお肉がつきやすなり、体の不調も出てきます。

注意したいところです。

お肉もつきやすい場所なので充分に気をつけましょう。

内転筋は足をつなぎとめる場所です。骨盤と太ももの骨の形を考えてみてください。

そうするとよくわかると思います。どれぐらい重要な筋肉なのかわかります。

骨盤というのはいくつもの骨かでできているものです。

それが内転筋が弱くなると骨が開いてきてとても危険な状態になってしまうというわけです。

太る原因にもなってしまいます。気をつけましょう。

内転筋を鍛えるストレッチとは?

SnapCrab_NoName_2015-4-30_1-46-11_No-00

内転筋を鍛えるストレッチはあるのでしょうか?もちろんあります。

お金をかけるとして安い方法としたら足の膝も変にバネのあるプラスチックでできた980円ぐらいで買えるエクササイズの用品があります。

それをぎゅっと閉じたり開いたりしているだけで鍛えられていきます。

これが一番安くて簡単な方法だといえます。

SnapCrab_NoName_2015-4-30_1-49-5_No-00

それ以外の方法でタダでできるとした膝で本を挟む方法もあります。

薄い本の方がより効果があります。

これはストレッチとは言えるかわかりませんが、とても一番簡単に内転筋を鍛えられるものとなります。ぜひ一度試してみてください。

どれぐらい効果があるかわかると思います。

これは一日3セット1回5分ぐらいずつを3回やってください。

かなり足が痛くなるかもしれません。

筋肉痛になるかもしれませんが鍛えられている証拠なので続けてみてください。

短時間で効果的なストレッチ方法とは?

 SnapCrab_NoName_2015-2-15_22-55-32_No-00

走れる足を作ることということが内転筋を作る一番の良いエクササイズなのです。

なので、簡単なストレッチ以外としてはウォーキングやランニングやジョギングなどがいいと言えます。

一日10分でもいいので走ってみてください。

それができないのであればスクワットをしたり、ひざに手を置いて膝を曲げて反対の足を後ろに伸ばして曲げて伸ばして送り返してください。

SnapCrab_NoName_2015-4-30_1-41-17_No-00

そうすることによってもかなり鍛えられます。

これは短時間で鍛えることができるので効果はとてもありますので期待してください。

最初は短い時間でやってくださいね。慣れてきたら回数や時間を増やしていきましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ