揺らぎ肌かも?肌の乾燥やアレルギー症状の原因と対策とは

スポンサーリンク

 ゆらぎ肌ってなんだろう?

 SnapCrab_NoName_2014-12-14_23-34-15_No-00 

肌の調子がなんとしても悪い・・・日々のスキンケアもきちんとしているのに、と感じることはありませんか?女性のお肌は様々な要因で調子を崩しやすいもの。ちょっとしたストレス、食生活、紫外線の影響など様々な要因が考えられます。毎日の生活を整えたい・・・しかしそれだけではないのです。

みなさん「ゆらぎ肌」という言葉をご存知でしょうか?季節の変わり目など、急激な気温の変化や環境の変化などにより、お肌が敏感になっている状態を言います。

様々な肌タイプがあります。乾燥肌、脂性、敏感肌などが代表的なところですが、ここ数年の間に発症した新しい肌タイプで、女性の間で急増しているそうです。

症状は敏感肌と重なる部分が多く、敏感肌のもう1つのタイプという位置づけです。 特に様々な変化の多い春先に「ゆらぎ肌」と感じられるケースが多いようです。

ゆらぎ肌の原因とは?

 SnapCrab_NoName_2014-12-14_23-42-10_No-00

冬から春にかけて起こる寒暖の差や、花粉の飛散や季節の変わり目のアレルギー症状、冬から春にかけて起こる寒暖の差なども大きな要因ですが、春先によくある、進学、異動、引越しなどによる急な環境の変化も大きいと言われています。

このような要因から、急に乾燥が進んでしまったり、ニキビが増えてしまったりといった症状がでてきます。鏡を見て急な肌のトラブルに驚く事も多い様です。

この「ゆらぎはだ」は気候の変化による「外的要因」と精神面での「内的要因」がとても大きいと言われています。ストレスは肌に大敵ということがわかりますね。

こうすれば美肌が守れる!

 SnapCrab_NoName_2014-12-14_23-48-15_No-00

トラブルの原因となるものから、お肌を守ることを意識していきましょう。しかし、外出しない、風にあたらない、というわけにはいきません。
敏感肌の一種になりますので、弱いお肌をケアする意識を持つことです。まず、できることは紫外線からお肌を守ることです。

SnapCrab_NoName_2015-7-15_2-5-12_No-00

紫外線のピークは夏の眩しい日差しのように感じますが、もう3月頃から強くなり始めます。できるだけ刺激の少ない サンスクリーンなどを使用しながら紫外線を受けて肌が傷つくのを防ぎましょう。

紫外線は肌の奥に入り込み、乾燥を進めたり、乾燥が進むとシワも増えます。またメラニン色素を増殖してシミの原因にもなります。

ゆらぎ肌の天敵から肌を守る方法とは

 SnapCrab_NoName_2014-12-14_23-48-15_No-00

ゆらぎ肌の天敵、そんな紫外線、シワ、シミからお肌を守るのに一番大事なのはやはり保湿です。自分に合っている化粧品類でしっかり保湿してあげましょう。しかし、今の自分の肌をしっかりチェックした上でのケアが大切です。慌ててケアを過剰にすると、不安定な弱っている肌がさらに弱ってしまい、逆効果になることもあります。
荒れてしまったり、バランスが崩れたお肌に焦らずに、優しくゆっくり洗顔や保湿をしてあげてください。

これを吹き飛ばしてゆらぎ肌から解消!

 SnapCrab_NoName_2014-12-14_23-52-49_No-00

心的なストレスケアも大事になります。進学や異動、転勤や引越などで変わった環境は中々変えることはできませんね。今ある環境の中に少しでも早く溶け込めるようなひと工夫も大事です。

少し頑張った時には、自分の趣味や好きなこと、好きなものを食べたり、お友達とのおしゃべりや食事でも気分は晴れるものです。又は、マッサージや自宅でのお風呂など、少し筋肉をほぐして上げることも上手なストレス解消の方法です。

SnapCrab_NoName_2015-7-15_2-6-28_No-00

筋肉の緊張をほぐすことによって、心の緩和もされます。アロマオイルを使用するときには、有名なオイルで 「グレープフルーツ」や「オレンジ」などの柑橘系を用いると緊張がほぐれると言われています。

外的にも内的にも、ゆらぎ肌を解消できるといいですね。それには、自分の今置かれている体の状態を知ることがだいじです。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ