心の健康は座禅から!意外と知られていない驚きの効果!

スポンサーリンク

座禅の効果は現代のストレス社会から解放される手段!

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-30-29_No-00

座禅という言葉は聞いたことがあるが実践している人はほとんどいないと思います。

そもそも座禅とはどんな効果があるのでしょうか。

頭の中で何かを考えたりすることでうまれる「雑念」でありこの雑念を断ち切るためであります。

この雑念の中のほとんどは「自分」の事ばかりです。自分はこういうふうにやっていきたい。

自分はこれを手に入れたいなどの自分が自分がと執着することを断つ。物事を頭でわかったつもりになるのを断つ。

などあらゆる雑念を断つことが本来の目的であると言われています。

座禅の精神的効用として、心の落ち着きや安らぎが得られ集中力を鍛えることが出来ます。

この全てが自分の頭の中をスッキリさせ客観視することが出来るようになります。

様々な効果をもたらす座禅のメカニズム

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-21-35_No-00

座禅の効果は何となくわかりますが医学的にも証明されています。

座禅を組むことで呼吸が安定すると副交感作用を優位にさせ血圧を安定させることが出来ます。

さらに座禅によりセロトニンが多く作られ、そのことによりアルファ波が発生し心に落ち着きを与えることも出来ます。

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-32-40_No-00

セロトニンとは神経伝達物質の一種で慢性的なストレスの減少に繋がるのです。

このセトロニンが減少すると攻撃的な心が強くなってしまい、キレる行動を起こしてしまったり神経過敏になりパニック障害やうつ病などのきっかけを作ってしまう可能性があります。

心の健康と体の健康は深く繋がっているのです。

自宅で出来る簡単な座禅健康!

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-23-21_No-00

お寺などの静かな所がベストですが、忙しい現代人にはその時間の確保も難しいものです。

そこで座禅のポイントを掴み自分で出来る場所を確保し正しい座禅のやり方で健康に近づきましょう。

まず一番大切なのは、落ち着ける場所を確保しましょう。

腰を立て座り、目はつぶらずに視線を落とします。

息を深くゆっくり吐く。

ゆっくり長く吐くことだけを意識することで下腹部の筋肉をできるだけへこませる。

1回15分以上~30分続けると効果を感じることが出来ます。

初めて実践する方はいきなり15分から始めるとしんどかったり時間が長く感じてしまったり雑念を完全に断ち切ることはできないので、まず5分から始めてみましょう。

そして慣れと共に少しずつ時間を長くしていき、続ける事、習慣にする所まで来たら効果をすでに感じています。

SnapCrab_NoName_2015-12-13_23-32-9_No-00

心を落ち着かせる場所や時間の確保は休みの日に回してしまいがちですが、携帯をいじる時間を削れば、家で5分~15分の自分の時間を確保することは難しくないことです。

心を整えることは体の健康にもっとも効果的であることは医学的に証明されています。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ