彼をドキドキさせる愛され唇!乾燥しない潤いケアとは?

スポンサーリンク

リップクリームを塗っているのに乾燥してしまう!乾燥の原因とは

SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-52-27_No-00

口元は女らしさを感じさせるのに欠かせないパーツ。

乾燥の季節になると、リップケアをしているはずなのに唇はいつもカサついている…どうして!?という方も多いのではないでしょうか。

SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-42-31_No-00

もしかしたら今行っているリップケアが適切ではないのかもしれません。

通常、顔の皮膚が約28日周期で生まれ変わるのに対して、口元の皮膚のサイクルは3~5日と言われています。

それだけ皮膚が薄く繊細な唇ですが、ケアをしたらその効果も早く実感できるといわけなんです。

今日は乾燥の原因から適切な対処法までをきちんと理解して、ぷるんとした愛らしい口元を手にいれましょう!

適切な乾燥ケアとは?

 SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-45-14_No-00

唇はもともと皮脂分泌の量が少なく、潤いを保つ機能が他の部位よりも欠けていて、とても敏感なのです。

荒れたくちびるはリップクリームをたくさん塗ったところで治りません。

とってもデリケートなくちびるの皮膚。

乾燥の原因は、紫外線やタバコ、香辛料などの刺激物などによっても引き起こされるのです。

SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-48-55_No-00

もちろん暖房や冷房が効いた室内にいる状態であればさらに荒れが加速してしまいます。

くちびるがひどく荒れている場合は、医薬品のリップクリームまたはワセリンを使いましょう。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_13-47-16_No-00

普段使いにはホホバオイルや天然保湿因子、ビタミンが含まれているものが多く市販されていますので、これらの成分が含まれたものを使用すると良いでしょう。

また、リップクリームのつけすぎは唇の皮膚の皮脂分泌を抑えてしまい、かえって乾燥の原因や荒れにつながってしまうので、1日3回までに
留めましょう。

デリケートな唇にはスペシャルケアを!

SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-48-24_No-00
角質ケアをすることによって、美容成分の浸透率もアップ!

デリケートな部分なので、ケアは週1回で十分です。

 SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-53-16_No-00

ケアその1:リップゴマージュ唇にリップ用スクラブを適量のせたら、こすらず指で優しくマッサージしてください。

縦ジワのないつるんとなめらかな感触になります。

SnapCrab_NoName_2015-4-8_0-47-12_No-00

ケアその2:リップパック角質をオフしたらリップパックを。普段使っているリップやオリーブオイル・ハチミツなどをたっぷり塗りラップを重ねて5分放置。

ぷるぷるのフェロモンリップになります。お風呂上りの、水分を保った状態で行うのがなお良しです。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ