内臓脂肪と皮下脂肪の基礎知識!これで痩せられる?

スポンサーリンク

内蔵脂肪の蓄積が糖尿病の原因かも?

SnapCrab_NoName_2015-2-26_23-20-8_No-00
内臓脂肪とは名前の通り内蔵の周りについた脂肪です。内蔵の中の脂肪ではないんです。

内蔵周りの脂肪である内臓脂肪は体に負担をかけます。

コレステロールなどになって体に蓄積され糖尿病などの元になります。

体にいい影響がないので気を付けていきましょう。

体組成計で内臓脂肪率やBMIなどを測ることができるので一度は買ってみるといいと思います。ぜひおすすめします。

自分の体を作るのは大切ですよ。自分の内臓脂肪の量を知りましょう。

太って見えがちな皮下脂肪の対処法は?

皮下脂肪とは皮膚の下につく脂肪です。単に体に余分についた肉です。

この皮下脂肪を落とすのが大変なんです。内蔵脂肪を落とす方が楽です。

実際見た目に太っていて肥満な人は皮下脂肪が多く見た目的には太っていますが痩せ型肥満の方より健康的と言えるでしょう。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_15-2-6_No-00

でも肥満は肥満。いいものではありません。何もないのに越したことはありません。

身軽でいたいのであればしっかり毎日面倒くさがらずに動きましょう。

食べても太らない体質の方もいますが個人個人違うので自分を知ることをしましょう。大切なことなのです。

健康的な食事や運動が内臓脂肪を減らす!

 SnapCrab_NoName_2015-1-22_0-10-2_No-00

内臓脂肪は内蔵周りに付く脂肪。皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪です。

内臓脂肪が多いほうが体に負担がかかりますが内臓脂肪が多い方のほうが脂肪を落としやすいということを覚えておきましょう。

内臓脂肪はある程度の食事制限で落ちます。皮下脂肪は食事制限では落ちません。

内臓脂肪を落とそうとしたら調味料をカロリーハーフなどに変えるといいですね。

油などもコレステロール0などに変えるといいです。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_15-6-0_No-00

皮下脂肪を落としたい方はマッサージしたり運動したり筋肉を付けてください。

それが一番の近道です。同じ脂肪でも違うところがあることを知っておきましょう。

それにより落とし方も違うというのも知っておきましょう。

そのためには毎年の健康診断はいいことです。積極的に受けてください。これだけはお勧めします。若いからとか自分は大丈夫という考えなどがある方は捨てましょうね。

自己判断は思わぬ結果を招くので注意しておきましょう。これからを大切にして行きましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ