ウイルスや花粉症対策!でもマスクって本当に効果あるの?

スポンサーリンク

 マスクの正しい使い方とその効果とは

SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-53-36_No-00
インフルエンザが流行したかと思えば、温かくなってきて花粉も飛散しだす季節がやってきました。

そこで欠かせないものといえばマスクですが、皆さんいつもどのようなものを使っていますか?

花粉症に悩む人にとってマスクは欠かせないもの。

毎日使うものなので、できるだけ性能の良いものを使いたいですよね。

SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-52-38_No-00

しかし、高性能なものは毎日使うものであると同時にお値段も高い…。

できれば洗って再利用したい!と思う人も多いのではないのでしょうか?

でも実際使い捨てマスクって再生利用可能なんでしょうか?

1回使用したものはウイルスが付着しているので捨てるのが基本で、基本的に再利用は推奨されていません。

マスクは洗浄すれば再利用ができる

 SnapCrab_NoName_2015-4-10_22-54-47_No-00

皆さんそれぞれの方法で再利用を試みているようです。

■台所用洗剤で5分以上つけおきしてから水ですずぎ乾燥させる

■80度以上の熱湯に10分以上つけて殺菌する

■エタノール(70~80%)につけて消毒する

このような方法で再利用をしている人が意外にも多いことがわかりました。

「意外と使える」という声も結構あるようです。

SnapCrab_NoName_2015-4-10_23-1-31_No-00

みなさんやっぱり1回で捨ててしまうのはもったいないと思うのでしょうね。

やはり一度洗ってしまうとウイルスをカットする力が弱くなってしまいます。

しかし、今はすっぴんの時に顔をかくしたいからという理由で着用する女性も少なくありません。

そういった用途で使用したい場合は、再利用の使い捨てマスクでもよいかもしれません。

あくまで自己責任という形であれば使い捨てマスクの再利用は可能といえるでしょう。

洗えるマスクがある?その効果とは!

SnapCrab_NoName_2015-4-10_23-6-10_No-00
また、最近では使い捨てマスクではなく、「洗えるマスク」があるというのをご存じでしょうか。

50回洗濯しても効果の持続する抗ウイルス素材を使用した布製性だそうです。

1袋3枚入りなので最低150日使用できるということになりますので、エコにもなりますね。6枚700円程で販売しているので、こういったものを利用すると良いかもしれません。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ