ニキビや肌荒れの原因?インナードライ肌の対策はこれ!

スポンサーリンク

インナードライ肌ってどのような状態をいうのだろうか?

SnapCrab_NoName_2015-8-24_22-42-9_No-00

インナードライ肌とは表面上はテカテカしてて油っぽいと感じていても、内側が乾燥しているうて状態をいいます。

原因はなんなのでしょうか?

SnapCrab_NoName_2015-8-24_22-40-36_No-00

油とり紙で油分をとってしまうとかえって水分が失われてしまいます。

また、洗顔のしすぎも逆効果でインナードライ肌をますます悪化されてしまいます。

それから、肌より熱いと感じる温度での洗顔もインナードライ肌への悪化がすすんでしまうので要注意です。

では、どうすればいいのでしょうか?

インナードライ肌の対策方法!

洗顔の際の水温を30~35度のぬるま湯にする。

肌と同じくらいの温度でゆっくり洗顔してあげましょう。

少しヒヤっと感じる温度で洗顔すると水分が肌に残るのでインナードライ肌を改善することができます。

洗顔料を洗浄力が弱く刺激が少ない物に変える。

無香料や肌に優しい成分のものにかえましょう。

SnapCrab_NoName_2015-8-24_22-41-23_No-00

弱酸性洗顔料やアミノ酸洗顔料、保湿入り洗顔料を使う人が多いようですが、後での化粧水や美容液の浸透の邪魔になってしまうだけなのです。

ここは、こすらずにきれいに汚れが落とせる無添加石鹸で泡洗顔がおすすめです。

面倒なら泡立たてネット一つあると便利です。

100均とかで売っているものでも十分泡立ちます。

メイクを落ちやすい物に切り替えるとがドライ肌に効果的!

SnapCrab_NoName_2015-8-24_22-52-29_No-00

ノンアルコールのクレンゼングがおすすめです。

強いクレンジングだと肌をいためてしまうほか、水分も奪ってしまい、インナードライ肌の原因となってしまいます。

角質に水分をたっぷり入れてあげる。

ヒアルロン酸もいいのですが、白ニキビができやすいといわれています。

セラミド化粧品はヒアルロン酸より使い心地がよくそちらを好む人も多くありません。

直接セラミドを含まない代わりにセラミド配合の化粧品を選ぶといいでしょう。

セラミドはなんと睡眠中に一番作られます。化粧水と美容液で保湿したあとはぐっすり睡眠をとるといいですね。

SnapCrab_NoName_2015-8-24_22-53-55_No-00

クリームの油膜でしっかりフタをする。

そして保湿クリームで水分をしっかり蓋をしましょう。

インナードライ肌には中まで水分を浸透させないと意味がありません。

ですので保湿液でたっぷり塗ってふたをしましょう。

洗顔からスキンケアまでの時間を縮める。

SnapCrab_NoName_2015-8-24_22-43-58_No-00

時間がかかってしまうと肌が乾燥してインナードライ肌が悪化してしまうのでここまでの時間をなるべく早くすませましょう。

最後の保湿液での時間は長めがいいですね。

敏感肌用や混合肌用など様々な化粧品がでていてお手頃に試せるので一度自分に合いそうなものを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ