デスクワークによる辛い腰痛の改善ポイントとは!

スポンサーリンク

疲れない太らない!デスクワークの座り方とは

 SnapCrab_NoName_2015-2-3_0-2-17_No-00

デスクワークをしていると腰が痛くなったり肩がこったりするのですが、プラスアルファとして肉付きが良くなってしまうという場合もあります。

なので、太らないように座るしかないんです。

それにはどうしたらいいのでしょうか?考えてみましょう。

 SnapCrab_NoName_2015-5-2_1-28-25_No-00

まずは簡単なこととしては時々は立って足や肩を動かしたりするのもいいと思います。

それもできないという方もいらっしゃると思いますので、そのような方はどのようにしたら太らないでいられるか考えてみましょう。

デスクワークをしていると差し入れなどもあったりするので余計に太りやすくなりますので、座り方を考えましょうね。

では太らない座り方とはどのような座り方でしょうか?

知りたいですよね?

腰痛を抑える椅子の座り方とは

 SnapCrab_NoName_2015-2-3_0-5-46_No-00

まずは椅子の座り方としては腰の骨が90度になるような角度で座るといいです。

ですが深く腰をかけて背もたれにぴったりと体をつけて座るとよくないです。

できるだけ腰は90度になりますが浅く腰を掛けて背筋を伸ばし仕事をしましょう。

そうして腕などは90度に曲げてください。そうすると肩こりが起こしにくいです。

 SnapCrab_NoName_2015-5-2_1-29-7_No-00

パソコンの画面などを見ている仕事をしている方は時々パソコンから身をそらして足を動かしてください。

足首を軽く動かすだけで老廃物の流れが良くなります。

あとは、時々膝の裏を押してあげてください。

そうするとリンパの流れが良くなって太りにくい体になれますし、腰の骨が90度になるように座ることで太りにくい座り方になっているといえます。

足を組まないで座ることが腰痛を抑えるの基本姿勢

 SnapCrab_NoName_2015-2-3_0-14-17_No-00

椅子に座ることについてですが、まず約束して欲しいのが足を組まないということです。

足を組むと体の骨が歪んでしまうので太りやすい体質を作ってしまいます。

注意してください。足を組んでいると骨盤も曲がりますし、体内の筋肉のバランスも悪くなります。注意してください。

SnapCrab_NoName_2015-5-2_1-24-22_No-00

それによって太りやすくなるので、デスクワークをするときは足を組まずに仕事をしましょう。これだけは約束してくださいね。

そして正しい座り方をして太らない体でいましょう。

デスクワークはただでさえ動く仕事より消費カロリーが少ないので注意していないといけません。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ