セルライトがなくなった!脂肪を減らす漢方薬の効果とは

スポンサーリンク

セルライトの原因とは?

SnapCrab_NoName_2015-5-14_22-8-53_No-00

内臓脂肪よりも落としにくいのが皮下脂肪です。男性よりも女性のほうが多いのが一般的です。

皮下脂肪を落とすのはなかなか大変です。皮下脂肪はセルライトとは違います。

皮下脂肪とは脂肪組織に体に余分なものがたまったり水分がたまったものです。

皮下脂肪とは違いますが密室な関係にあります。皮下脂肪がたまった結果、脂肪細胞が凹凸を作りできるのがセルライトだからです。

皮下脂肪は体の敵です。皮下脂肪があるのは病気ではありませんが病気の元にはなるので気を付けてください。

異常なことではないですがないにこしたことはありません。あると肥満という言葉がついて回るので気をつけましょう。

皮下脂肪を減らす効果のある漢方薬

SnapCrab_NoName_2015-5-14_22-0-56_No-00

皮下脂肪を落とす漢方薬もあります。一つに防風痛散という漢方があります。

これは食事の30分前に取ることで皮下脂肪を作ることをさせずにある程度の食事制限と運動をともにすると今ある皮下脂肪も減っていくといういい漢方薬です。

これを毎日飲み続けるのがいい皮下脂肪の撃退方法だともいます。

SnapCrab_NoName_2015-5-14_14-33-8_No-00

漢方薬は効果が出るまでに日にちがかかるので気長に続けるといいです。

後は、ある程度の運動と食事の管理も行っていきましょう。

そうすればセルライトもできません。綺麗な体を保ち続けれられます。

漢方とも上手に付き合っていきたいですが漢方は高いのでなくても皮下脂肪が減らしていけるといいですね。

セルライトをなくすバランスを考えた食事とは

 SnapCrab_NoName_2015-1-27_23-57-39_No-00

皮下脂肪はただの食事制限では落ちません。ある程度の基礎代謝を上げることと運動などをしないと落ちることはないです。

どうしても食事制限でと言うなら食べないということはやめましょう。
食べないと減りません。食べる内容によるのです。

SnapCrab_NoName_2015-5-14_14-35-28_No-00

食べる内容とは野菜中心とか炭水化物は抜きとかではなく主食、野菜、タンパク質、脂質もバランスよくとって食事をしっかり3回して間食はやめましょう。

夜食も良くないです。寝る3時間前は食事をしないようにしましょう。

SnapCrab_NoName_2015-5-14_14-37-27_No-00

おなかがすいたら水分等で補っておきましょう。酵素などもいいでしょう。

酵素なども無添加のものを選んで飲むといいいと思います。

今では水素も体にいいと考えられていますのでぜひチャレンジしてみてください。

基礎代謝を上げることも意識しましょう。体を温めるのもいい方法です。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ