シミそばかすの原因!高毒性のある刺激から肌を守る方法とは

スポンサーリンク

高毒性のあるシミやそばかすには要注意!

 SnapCrab_NoName_2015-2-16_0-47-28_No-00

シミやそばかすのができると嫌な気分になったり気分が落ち込んだりしますよね。

肌が荒れるだけでも落ち込むのにシミやソバカスなどができるもっと落ち込んでしまいます。

そこから美白パックなどをするのですが、なかなか消えてはくれません。

SnapCrab_NoName_2015-4-30_1-4-18_No-00

薬局などでシミなどをなくすようのスキンケア用品も出ていますが効果が現れるのが遅かったり効果がなかったりします。

なので、最初から作らないというのが一番嬉しいことですよね。

ではシミやソバカスなどはどのようなものが原因でできるのでしょうか?

色素ということはわかりますが、原因は何なんでしょうか?

何からできるのでしょうか?考えたことはありますか?あまりないですか?

今できていなくてもこれからできる可能性もある予備軍の方もいらっしゃいます。

それを調べる方法ってあると思いますか?

体験エステや肌チェックなどをやっている薬局などに行くと見せてくれる場合があるので一度体験してみてください。

シミやそばかすの原因とは?

 SnapCrab_NoName_2015-2-16_1-6-9_No-00

肌の色などを作っているメラニン色素というのがありますが、それが集まってしまったか日焼けなどをして焼きついてしまったなどメラニン色素の集合体がシミやそばかすの原因となっています。比較的深いところでは茶色になっています。

メラニンが増えるのはホルモンのバランスも関係してきます。

メラニンが増えるとどうしてもシミなどができてしまうので、これを抑えたいものですが、年を追うごとのホルモンのバランスによって関係してきてしまうのでそれを正しくしていくといいと言えます。

SnapCrab_NoName_2015-4-30_1-5-2_No-00

それにはハーブなどを使う方法もありますし、サウナなどもあります。

あとは日焼け止めをしっかりすることということも関係してきます。

紫外線というものはメラニン色素を作ってしまうので注意してください。

高毒性がある場合もありますので気をつけてください。

充分注意して日焼けなどしないように過ごしましょう。

洗顔の際にも大事なこともあります。

シミの出来やすい時期とは?

 SnapCrab_NoName_2015-2-16_0-55-7_No-00

女性ホルモンの関係で成人してから中高年まではシミやそばかすができやすいと言えます。

原因の多くは高毒性のあるものからの刺激や洗顔の仕方の間違いなどが考えられます。

薬品によるかぶれやマッサージなどによるかぶれなどもありますので充分注意してください。

SnapCrab_NoName_2015-4-30_1-5-34_No-00

肌は綺麗に守らなければいけません。ですが年齢には勝てないかもしれません。

そうすると皮膚科などに内服薬がありますので、そのような大きくなくてもいいので、個人病院の皮膚科などに通って内服薬を飲み抑えるということをするといいと思います。

ビタミン C を取るだけでは足りない場合がありますのでなるべく高毒性のあるものとは離れるようにして乾燥しないようにするのを心がけてください。

肌を大事に守りましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ