カフェインを取りすぎが冷え性の原因だった?

スポンサーリンク

カフェインの取りすぎは良くないのか?

 SnapCrab_NoName_2015-3-6_0-59-36_No-00

カフェインの取りすぎは何かとよくありません。カフェインは体を冷やしてしまいます。

それ以外にも不快な症状を沢山起こしてしまいます。

もちろんこれは、接種すぎた場合です。カフェインを取りすぎると不安や気分高揚や一時的な不眠症になってしまうということもありますし、胃が痛くなったり気持ち悪くなったり、心拍数が上がったりします。あまりいいものではありません。

健康的に良くないのです。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_0-3-18_No-00

体を冷やす一番の元となってきますので取りすぎには注意しましょう。

体の外から冷えるのではなく体の中から冷えるので注意が必要です。

ではどのようなものにカフェインは含まれているのでしょうか?

カフェインを多く含む緑茶や紅茶朝食も冷え性の原因?

 SnapCrab_NoName_2015-3-6_1-4-8_No-00

カフェインが含まれている飲み物は沢山あります。

まず皆さんが飲むお茶。特に玉露や緑茶などに入っています。

あとはちょっとした休憩時間に飲む紅茶や、朝起きた時に飲むコーヒーなどは多くカフェインが含まれています。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_0-6-30_No-00

その他にもコーラやココアにも含まれているので飲み物には充分気を使って飲んでください。

何にどれぐらい入っているかペットボトルなどであればチェックをしながら飲めばいいかなと思います。

そして取り過ぎないようにしてください。

そうすることによって不快な症状を起こさなくても済むようになります。

カフェインが含まれている飲み物は意外とありますので、小さなお子様やご高齢の方などがカフェインを取られるときにはさらに注意が必要といえます。

カフェインが冷え性の原因かも?

 SnapCrab_NoName_2015-3-6_1-6-23_No-00

冷え性の原因には体の中からの冷えが考えられます。

なので、内蔵冷やすと良くないです。カフェインは内臓を冷やしてしまいます。

もちろんある程度取るのはいいのですが取りすぎるとそうなるわけです。

何でも過剰に通り過ぎるということは良くないことです。

ある程度いい具合を考えて摂取するのがいいでしょう。

SnapCrab_NoName_2015-7-13_0-7-53_No-00

カフェインだけではなく、他の食べ物や飲み物についてもそうです。

たまに体を温めるために白湯などを飲むのもいいです。

ぜひ実行してみてください。

寝る前に温かい飲み物を飲んで寝るとよく眠れますので不眠にならないようになります。

これも実行してみるといいと思います。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ