ついついやりがちな赤ちゃんの厚着は危険!

スポンサーリンク

風邪をひかないようにと赤ちゃんに厚着をさせるのは逆効果!

 SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-37-47_No-00

寒くなってくるとお出かけするときは大人と同じように厚着をさせてしまがちになりませんか?そして室内もできるだけ暖かくして湿度も保っていないと。

など気を張っていませんか?

実はそれは間違いなのです。赤ちゃんは元々体温が高く平熱は37度前後と言われています。

厚着をさせればさせるほど赤ちゃんは汗をかき脱水症状を招いたりもします。

SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-40-25_No-00

赤ちゃんは体温調整がまだ未発達でコントロールができずにいます。

赤ちゃんは熱い環境に置かれただけで体温が上昇し汗をかきます。

汗っかきの赤ちゃんがさらに汗をかくと体から出ていく水分量が増え脱水症状を招く危険性もあります。

赤ちゃんは体は暖かくても手足が冷たいのが基本ですので手足が冷たいからといって「寒い」と捉えずに「これが普通」と思うように心がけましょう。

近年では赤ちゃんの冬の汗疹が急増している!

 SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-38-46_No-00

汗疹と聞くと夏に多いイメージですが近年では「厚着」が原因で冬の汗疹が増えています。

親目線でついつい厚着にしてしまいがちですが、それが原因で赤ちゃんは「熱い」と感じてしまい汗をかきます。

そうすると必要以上に汗をかき、余分な汗によって湿疹を作ってしまう原因になります。

SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-38-5_No-00

さらに大量の汗になった場合、汗などで汗の出口を塞いでしまい皮膚の中に埋もれ炎症を引き起こす事例もあります。

背中やおむつの所に汗疹ができやすく汗疹ができれば赤ちゃんは余計にぐずります。

なんで今日はこんなに泣き止まないんだろうと思ったときは身動きの取りづらい厚着に加えて汗疹でかゆみなどが原因かもしれないので厚着は避けてあげましょう。

自分ではちょっと薄着かな?ぐらいが赤ちゃんにはベスト!

 SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-48-18_No-00

子供を思う気持ちが強ければ強いほどわが子のためにと思い厚着をさせてしまいますが、厚着が原因で基礎代謝があがらずに風邪をひきやすい体を作ってしまいがちです。

「風邪をひいたら困る」という心情から厚着をさせてしまいがちですが子供にとっては寒さへの抵抗力がつきにくくなってしまい、逆に風邪をひきやすい体を招いてしまうので気を付けましょう。

室内は22度くらいで湿度は60%ほどが適温と言われており、この室内では吸収力のよい肌着にプラス1枚上に長袖を1枚がベストです。

 SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-51-39_No-00

そして手足で体温調節をしているので室内にいるときは靴下を履かせずにいることをお勧めします。

寒くなればなるほど過剰に厚着をさせてしまったり部屋を暖めてしまいがちになりますが健康で強い体を持ってほしいと思ったら、自分が思っている以上に薄着であることが赤ちゃんにとってはベストな環境ですのでやりすぎを注意して快適な生活ができるように心がけましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ