これが歯の黄ばみの原因!自信のある笑顔を取り戻す方法!

スポンサーリンク

黄ばみのある歯が見えるだけで不潔に見られがち!

SnapCrab_NoName_2015-12-1_0-28-40_No-00

何気ない話の中で笑顔があふれた瞬間に黄色い歯が見えたらどんな印象を与えるでしょうか。

大抵の人は「不潔」「だらしない」「あんまり笑ってほしくない」なんて心の中で思われているかもしれません。

そもそも黄ばみは何が原因でできるのでしょうか。まずは飲み物ですが一番有名なのが赤ワインです。

SnapCrab_NoName_2015-12-1_0-48-23_No-00

その他にコーヒーや紅茶に緑茶など代表的な飲み物です。コーラのだらだら飲みは一番ダメです。

そして食べ物にはカレー、たくあん、イチゴにチョコレートと食べ物にも身近なものが多く含まれています。

食べ物や飲み物以外にはハミガキのやり方です。

SnapCrab_NoName_2015-12-1_0-50-40_No-00

「歯を白くします」などと書かれた歯磨き粉で失敗し黄ばみを悪化させてしまった。

など様々な要因で歯が黄色くなってしまうことが挙げられます。

そして年齢を重ねると共に歯の黄ばみは進行していきます。

さらに口呼吸をすると口の中が乾き、黄ばみの原因である「ステイン」が歯につきやすくなりますので黄ばみを悪化させます。

歯を白くする歯磨き粉は逆に歯の黄ばみ悪化させる?

SnapCrab_NoName_2015-12-1_0-52-28_No-00

食べ物や飲み物は生きていく上で必要なものですから摂取しないということは出来ません。

ですので、いかに歯が黄ばまないかの対策が必要となってきます。

対策として、何かを食べたときは口をゆすぐだけで変わります。

タバコは禁煙できれば一番いいですが、禁煙が難しい場合は歯医者に行ってクリーニングをすることが一番効果的です。

SnapCrab_NoName_2015-12-1_0-59-35_No-00

歯を白くする歯磨き粉は加減が解らずに歯のエナメル質を傷つけてしまい、逆に黄ばみを悪化させてしまったりしますのでやめておく方が無難です。

どんなに対策しても自分の黄ばみが凄い場合は自分で何とかするのは難しいので歯医者さんで行う塩水効果で歯をキレイにしてもらいましょう。

歯の黄ばみを自分で治す方法はあるの?

SnapCrab_NoName_2015-12-1_1-5-55_No-00

歯を白くする歯磨き粉が悪化させるかもしれないと思うと対策だけで黄ばみがなくなるのか疑問な所です。

歯医者に行けば簡単に綺麗な白い歯が取り戻せますがかなりの値段がかかります。

まだそこまで黄色くないと思う方には歯磨き粉の選び方を注意しましょう。

通常の歯磨き粉は歯の黄ばみの原因になる「ステイン」や「着色汚れを落とす」と表記されています。

この場合、歯の表面のエナメル質が傷つきその下にある象牙質が浮き出て余計に黄色く見えてしまったり着色物質が付着しやすくなってしまいます。

SnapCrab_NoName_2015-12-1_1-16-17_No-00

そのため「研磨剤」が配合されていない歯磨き粉を選ぶことをお勧めします。

そして歯磨きも一本一本丁寧に磨きましょう。強くこすりすぎると「ステイン」を剥がしてしまうので力加減に気を付けながら、丁寧に磨きましょう。

もし綺麗に磨けていないかもと思う方は歯医者に行き歯の定期健診と共にブラッシングの仕方を再度確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ