あなたの寝相は大丈夫?ダイエット出来ないのは寝相が原因

スポンサーリンク

寝相とダイエットが関係しているなんて信じられない!

SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-13-25_No-00

寝ている時の自分なんてわからないですよね。

しかし朝の目覚めかたで自分が良い睡眠をしたか、疲れが取れていなくて良い睡眠をしたなとは思えない朝だったと感じたりすることでわかるものだそうです。

まず寝相がわるいと骨盤のゆがみや代謝の低下に加え冷え性や肥満も引き起こす原因を引き起こすそうで、全てがダイエットに関係しているのです。

寝相によって体が歪んでしまうことが全ての原因を招くのです。

長時間体制が変わらず眠り続ける事で骨盤のクセがついてしまうので体が歪みやすい時間でもあります。

SnapCrab_NoName_2015-11-24_23-59-55_No-00

そして横向きで寝ることは片方の骨盤だけに体重がのしかかるので骨盤にとっては大きな負担です。

骨盤が歪むことは脂肪がつきやすくなるということです。

そしてうつ伏せ寝も首に負担がかかり背骨の曲線が支えられないため腰痛の原因になることがあります。

顔面に重みがかかった分、目や頬のシワを作る原因になります。

寝相からうまれる良い睡眠がダイエット効果に繋がっている!

SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-4-21_No-00

毎日4時間しか寝ていない人は毎日7時間以上の十分な睡眠をとっている人に比べて7割以上の人が肥満傾向にあります。

睡眠時間が短いと「グレリン」が多く分泌されるのに対し「レプチン」は機能せず食欲を抑えられなくなり暴食になりがちになります。

SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-9-49_No-00

毎日7時間半以上の睡眠がきちんととれていると食欲を抑える「レプチン」が分泌され暴食を抑えることが出来ます。

ダイエットや健康を考えたときに寝すぎも逆効果ですので7時間半の睡眠がベストですので毎日7時間半の睡眠を意識してみましょう。

寝相が自分の体形を変える!ダイエットに効果的なのは仰向け寝がベスト!

SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-7-34_No-00

自分のベストの寝方があると思います。横向きじゃないと寝れないという人もいるのではないでしょうか。

どうしても横向きが良い!と言う方は片方だけに体重がかからないように抱き枕を使うことをお勧めします。

腕の部分だけの抱き枕ではなく足まで使える大きめのものがベストです。

SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-5-47_No-00

そして理想の寝方は「仰向け」です。寝相による影響は特に首や腰に骨盤まわりにでやすく体への影響が大きい部分です。

この首、腰、骨盤はダイエットには非常な重要な部位であるため、この3つの部位にできるだけ負担が少ないのが仰向けです。

体の歪みを少しでも予防しより良い睡眠を心掛けたい人には仰向けで寝ることをお勧めします。

SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-9-20_No-00

睡眠方法でダイエットだけではなく健康へも繋がるため非常に大事なポイントになります。

まくらを高くして首に負担をかけると逆効果であり、睡眠時無呼吸症候群と深くかかわっていると言われていますので気を付けましょう。

1日7時間半以上の睡眠を仰向けにする意識をするだけでダイエットと健康に効果があることがわかっていますのでぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ